STORY
COLLABORATOR
REPORT
menu openmenu close

デザイン系学生と企業による
連携ワークショップ

デザイン系学生と企業による連携ワークショップ

デザイン経営・ブランドプロデュースの実践的な知見を学び、
イノベーションに挑戦します。

デザイン経営・ブランドプロデュースの実践的な知見を学び、イノベーションに挑戦します。

デザインイノベーションワークショップ NEXT(ネクスト)は、自社の技術力を活かし、新商品開発や販路拡大、ブランディングに本気で取り組みたい企業とクリエイティブなスキルとエネルギーを持った学生が集い、デザイン経営・ブランドプロデュースの実践的な知見を学び、イノベーションに挑戦するワークショップです。
 全6回のワークショップと国内外で活躍するプロデューサー陣によるアドバイザリーを通して、コンセプト設計、プロトタイピング、テストマーケティングに取り組み、これまでにない新たな価値を生み出していきます。多様な融合から、名古屋の可能性を、世界に誇れる新たな価値へ。2020年という時代の節目に、ともにチャレンジするメンバーを募集しています。

COURCE.01 1
COURCE.01 2

TARGET

対象者

名古屋の企業
X
名古屋の学生
事業者
・名古屋市内に事業所を有する中小企業(※)あるいは中小企業グループであること
・代表者または次代を担うリーダーとなる方が参加できること
・全てのプログラム(学生対象を除く)に参加できること
・ワークショップ終了後も、ハンズオン支援を受けながら継続して製品開発等に取り組むことができること
・秘密保持誓約書の提出に同意できること
※中小企業基本法第2条第1項各号のいずれかに該当する法人または個人
学生
・名古屋市内の大学・専門学校において、デザイン・クリエイティブを専攻している学生。または、名古屋市に在住し、デザイン・クリエイティブを専攻している学生(ビジネス系学部でデザイン経営、デザイン思考などを専攻している場合は対象内)
・全てのプログラムに参加できること

ABOUT

開催概要

日程
2020(令和2)年9月13­­日(日) 〜2020(令和2)年11月14日(土)
開催形式
オンライン
本プログラムは一部を除き、オンライン(使用予定ツール:Zoom) で開催します。最終回のプレゼンテーションはオフライン開催を予 定していますが、新型コロナウイルス感染状況によってオンライン 開催に変更する可能性があります。
募集人数
1)事業者 5社
2)学生  15名
選考方法
評価基準
多数の応募がある場合は、エントリー内容を元に審査・選考を行い、参加者を決定します。
1)事業者
①取組意欲 ②事業性・市場性  ③実現可能性(取組の人員体制、生産能力、開発能力など)  ④モデル事業性
2)学生
①本事業への取組意欲、②本事業趣旨と強みや専門性との親和性、③本事業趣旨と応募動機との親和性
参加費用
無料
ただしプログラム参加にかかる交通費、宿泊費は参加者負担。 プロトタイプ作成にかかる費用は事業者と学生で協議の上、決定いただきます。
応募締め切り
1)事業者
2020(令和2)年8月30日(日)17時必着
2)学生
2020(令和2)年8月25日(火)17時必着
応募方法
本ワークショップへの受付は終了いたしました。

PROGRAM

プログラム内容

2020.9.13(日)10:00 - 17:00
第1回
キックオフ/デザイン経営基礎
2020.9.21(月・祝)10:00 - 17:00
第2回
マーケットリサーチと顧客ロイヤリティの発見
2020.10.3(土)10:00 - 17:00
第3回
ブランドバリューの探求とデザインコンセプト決定
2020.10.18(日)10:00 - 17:00
第4回
デザインアイデア検討とプロトタイプ作成
2020.11.3(火・祝)10:00 - 17:00
第5回
プロトタイプのレビューと事業計画検討
2020.11.14(土)10:00 - 17:00
第6回
最終プレゼンテーション @NAGOYA INNOVATOR’S GARAGE

本プログラムは一部を除き、オンライン(使用予定ツール:zoom)で開催します。最終回のプレゼンテーションはオフライン開催を予定していますが、新型コロナウイルス感染状況によってオンライン開催に変更する可能性があります。

FACILITATOR

ファシリテーター陣

AKIHIKO SUGITANI

MASAHIKO SUGITANI

杉谷昌彦

ミテモ株式会社 シニア・ディレクター 

新卒入社から富士ゼロックスにてオフィスプリンターのパートナー営業を8年、新規事業企画を3年、商品企画・プロダクトマーケティングを3年従事。特に、デザイン思考を取り入れた商品企画やサービス開発実績が豊富。
2020年ミテモ株式会社に参画。非デザイナー人材によるデザイン経営・デザイン思考の実践を促すプロジェクトを推進している。
このほか、名古屋市の中小企業(主に下請け加工・部品メーカー向け)コンサルティングプロジェクト、川崎駅以東エリアの地域有志活動、大師ONE博(だいしわんぱく)の事業企画リーダー、場作りリーダーを務めている。

TETSUYA SAWADA

TETSUYA SAWADA

澤⽥ 哲也

株式会社インソース 取締役 / ミテモ株式会社 代表取締役

採⽤コンサルティング会社を経て、2007年 社会⼈教育・研修を⼿がける株式会社インソースに⼊社。5年間で述べ300社の⺠間企業に対して、次期経営⼈材育成や組織変⾰をテーマに⼈材育成プログラムの企画・設計に携わる。また、新規事業開発にも取り組み、2012年にミテモ株式会社の事業開発を担当、同年 代表取締役に就任。
オンライン教育サービスやデザイン思考をベースとした新規事業・商品開発プログラムをはじめとした多種多様な育成⽀援事業を⽴ち上げる。また、2016年から全国各地の地⽅⾃治体との連携による事業創出・商品開発・販路開拓・デザインイノベーションのための教育事業に取り組む。2018年にはJAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL設⽴。⽇本の地場産業や伝統⼯芸にデザイン・クリエイティブを取り⼊れ、商品開発・販路開拓を⼿がけるプロデューサー育成に取り組む。2020年5⽉にはローカル・クラフトに特化したオンライン商談会 Local Craft Marketを⽴ち上げ、オンラインを活⽤した作り⼿と使い⼿がつながる場づくりに取り組んでいる。

YASUHIRO HORIUCHI

YASUHIRO HORIUCHI

堀内 康広

トランクデザイン 株式会社 代表取締役/クリエイティブディレクター

2009年に「トランクデザイン」を、神戸垂水・商大筋にオフィス&ショップをオープン。2018年4月には印刷会社である有限会社グラミックプロセスを事業継承し3代目として就任。地場産業のプロデュースやブランディング、百貨店広告などのディレクションやデザインを幅広く手がけ、2011年には兵庫県のモノづくりを紹介する「Hyogo craft」を立ち上げ、兵庫県の間伐材や地域材を活かしたオリジナルプロダクト「森の器」、播州織の職人とつくるアパレルブランド「iRoDoRi」・「megulu」、淡路島のお香メーカーともに日常で使えるお香ブランド「Ku」「Daily」も手掛ける。2018年台湾のデザインアワード「Golden Pin Design Award」3プロジェクト入賞、1プロジェクト最優秀賞受賞。2019年 GOOD DESIGN AWARD グッドデザイン・ベスト100 / グッドフォーカス賞(中小企業長官賞)を受賞。

YASUHIRO HORIUCHI

SENNAO SHIGEMORI

茂森 仙直

株式会社アクアリング 代表取締役社長 兼 プランナー、プロデューサー

大学を卒業後、人材系会社を経て、2001年アクアリング入社。IMCを視野にデジタルコミュニケーションを主力とするチームを指揮。WeBBY awards、Singapore Good Design Mark、Web Grand Prix、文化庁メディア芸術祭、DIGITALSIGNAGEAWARD等受賞。ボルダリングとデジタルを掛け合わせたARボルダリング「WONDERWALL」で2017、2019年日経トレンディベストヒット予想コンテツに選出。地元滋賀長浜と現在居住の名古屋の発展を目的に街づくり活動にも尽力。2014年よりStartup Weekendでコーチ・審査員も務める。2019年8月より現職に。

免責事項

(1) 以下の場合には、審査対象外とさせていただきますので予めご了承ください。
 (ア) 名古屋市税の滞納があること
 (イ) 名古屋市暴力団排除条例に規定される暴力団員である、暴力団又は暴力団員と密接な関係を有すること
 (ウ) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定される風俗営業等を営む事業者であること
 (エ) 応募内容に不備がある場合、または応募者が、応募に際して虚偽の情報を記載し、その他名古屋市及び運営受託者に対して虚偽の申告を行った場合
(2) 応募にあたってご提供いただく個人情報を含む応募情報は、名古屋市及び本プログラム運営受託者において、本プログラムの実施にあたって必要な範囲にて共有、利用されます。また、個人情報を事前の承認なく名古屋市及び運営受託者以外の第三者に提供することはありません。審査経過・審査結果等に関する問い合わせには応じられません。
(3) プログラムの受講に不適切であると名古屋市及び運営受託者が判断した場合には、プログラムの受講を途中で辞退していただく場合がありますのでご留意ください。
(4) プログラム受講者の審査及び選定は運営受託者が行い、名古屋市が承認します。
(5) プログラム受講者の事業計画等について、名古屋市及び運営受託者が一切の保証を行うものではありません。
(6) 申請に際し提出された書類の返却は行いません。