FUXION

JOIN

異知との出逢いから、
事業を生み出し、拡げる。

FUXION(フュージョン)は、
ものづくり中小企業とビジネスパーソン・デザイナー・デザイン系学生の協働を通して、事業の創出を行う名古屋発の価値共創プラットフォームです。

PROGRAM

事業プログラムの流れ

デザインを取り入れた事業開発手法を学び、多様な実践知を持つコラボレーターと協働する「実践型プログラム」です。
プロジェクト後半では経験豊かなアドバイザーからのハンズオン支援によって、事業化を促進します。
REPORT

開催レポート

歴史からビジョンを作り出し、現在のアクション、そして未来の事業へつなげる
昨年度事例

歴史からビジョンを作り出し、現在のアクション、そして未来の事業へつなげる

事業の強みとデザインの力、外部協力者と生み出した新しい価値(横山興業・後編)
デザインを取り入れた事業開発の成功事例を学ぶ

事業の強みとデザインの力、外部協力者と生み出した新しい価値(横山興業・後編)

事業の強みとデザインの力、外部協力者と生み出した新しい価値(横山興業・前編)
デザインを取り入れた事業開発の成功事例を学ぶ

事業の強みとデザインの力、外部協力者と生み出した新しい価値(横山興業・前編)

【参加者インタビュー】老舗ものづくり中小企業が、今、FUXIONに参加する理由
キックオフセミナー

【参加者インタビュー】老舗ものづくり中小企業が、今、FUXIONに参加する理由

異知と共に新しい事業の軸を作る。デザイン視点を取り入れ環境変化に即した事業と価値創出
キックオフセミナー

異知と共に新しい事業の軸を作る。デザイン視点を取り入れ環境変化に即した事業と価値創出

もっと見る
CASE STUDY

事例紹介

先行事例

もっと見る
PEOPLE

FUXIONに関わる人々

様々な立場からかかわるFUXIONの参加者
ABOUT

ものづくりの可能性を引き出し
多様な融合を通して、
誇れる価値を拡げていくプロジェクトです。

名古屋には⽣活⽂化とものづくり産業を⽀えてきたものづくり⽂化とともに、デザイン、⾦融、テクノロジー、教育機関など多種多様な専⾨性を持つ⼈や組織が根差しています。多様な可能性が集まり、融合することで新たな価値や⽂化を⽣み出し、拡げていく場を⽣み出していくことから、本プロジェクトの名称をFUXION(フュージョン)と名付けました。

ロゴの中にある2つのトライアングルも、多様な当事者が⼀つのビジョンのもと集まり、新たな価値や⽂化が誕⽣し、拡がっていく様⼦を象徴しており、ポジティブな変化を起こしていくための知恵を持ち寄り、新たな挑戦を生み出すことを常に目指していきます。

NEWS

お知らせ

2021.09.27 掲載情報 CASE STUDY「株式会社 岩田三宝製作所」の先行事例を公開しました
2021.09.11 掲載情報 REPORT「昨年度事例:歴史からビジョンを作り出し、現在のアクション、そして未来の事業へつなげる」を公開しました
2021.08.12 掲載情報 REPORT「デザインを取り入れた事業開発の成功事例を学ぶ」横山興業(株)・後編を公開しました
2021.08.04 掲載情報 REPORT「デザインを取り入れた事業開発の成功事例を学ぶ」横山興業(株)・前編を公開しました
2021.07.08 掲載情報 CASE STUDY「BIRDY.(横山興業株式会社)」の先行事例を公開しました
2021.07.04 掲載情報 キックオフセミナー参加者インタビューを公開しました
2021.06.30 掲載情報 5/27 キックオフセミナーの開催レポートを公開しました
2021.05.27 募集開始 事業開発ワークショップ「NEXT / XROSS」の募集を開始しました
2021.04.26 掲載情報 FUXIONのHPがリニューアルしました
FAQ

よくあるご質問

イベントに複数参加する場合は、それぞれ申込が必要ですか?

はい、お手数ですが、それぞれの登録をお願い致します。

イベントにはパソコンではないと入れませんか?

パソコンを推奨しますが、タブレットやスマートフォンでも入れます。
しかし、スマートフォンの場合は、画面が小さいので見えづらい場合がございます。

イベントに参加している時にトラブルが発生しました。どうしたら良いですか?

問題の特定ができない場合、解決は難しい可能性もありますが、まずは一度落ちて、一旦入り直すか、違うデバイスで入り直すことを推奨します。

全てのイベントの参加がワークショップ(NEXT、XROSS)に参加するために必須ですか?

全てのイベントに参加する必要はありません。ただし、6/7, 6/15, 6/21に開催されるデザイン経営講座は参加を前提とさせていただいております。(ただし、どうしても全ての参加が難しい場合は、ご相談ください)

デザイン経営講座の全て参加することがワークショップ(NEXT、XROSS)に参加するために必須ですか?

デザイン経営講座(6/7, 6/15, 6/21)の全ての参加は、ワークショップ(NEXT、XROSS)参加の前提とさせていただいております。ただし、どうしても全ての参加が難しい場合は、ご相談ください。手段を検討します。

デザイン系の学生です。デザイン経営講座は日中のため、参加が難しいです。

デザイン系の学生はデザイン経営講座の録画情報を事前に提供しますので、講座への参加は必須ではありませんし、参加の実績が選考に関わることはありません。(参加可能であれば、もちろんご参加いただいても結構です)

ワークショップの参加費・報酬に関して教えてください。

NEXT参加費
 事業者:無料 ただし、チームになったデザイン系学生のリアルMtgなどの際にかかる交通費を支給いただきます。
 デザイン系学生:無料
NEXT報酬
 事業者:なし
 デザイン系学生:なし

XROSS参加費
 事業者:150,000円(税抜き)
 ビジネスパーソン:無料
 デザイナー:無料
XROSS報酬
 事業者:なし
 ビジネスパーソン:なし
 デザイナー:事業開発プロジェクト内で発生するデザインワークに対してワークショップ期間中を対象として、合計150,000円(税抜き)を事業者より支給いただきます。
※ただし、ワークショップへの参加や事業開発プロジェクト自体への参加は、ビジネスパーソンと同様にプロボノとしてご参加いただきます。

デザイナーの定義を教えてください。

本プロジェクトにご参加いただきたいデザイナーの定義は以下となります。
・実業として3年以上のデザイン業務を実践している。
・ポートフォリオを提出できる
また、以下のいずれかの実践知があることを期待します。

・プロダクトデザイン
・インダストリアルデザイン
・グラフィックデザイン
・UXデザイン
・ビジネスデザイン